まとめ買い割引実施中!3ケース以上お買い求めの方最大10%OFF

カテゴリーで探す

営業日カレンダー

2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
定休日
2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
定休日

 
  • トップ
  • バイオマス(環境袋策)

環境袋策

国内外・個人・企業問わず、SDGs・環境問題への意識が高まる中、『バイオマス』という言葉もよく耳にするようになりましたよね。 ゴミ袋・レジ袋でもバイオマス配合商品がどんどん開発され、スーパーなどでも見かけることが多くなりました。 ここでは、そもそも『バイオマスってなんのこと?』『バイオマスってどんな特徴があるの?』などバイオマスに関する基礎知識をご紹介します!

バイオマスってなに?

バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」をバイオマスと呼んでいます。
太陽エネルギーを使って、水と二酸化炭素から生物が光合成によって生成した有機物であり、太陽エネルギーと生物がいる限り持続的に再生可能であるという特性を持っています。
石油などの化石資源は、地下から採掘すれば枯渇してしまいますが、植物は太陽と水と二酸化炭素があれば、持続的にバイオマスを生み出すことが出来るのです。

バイオマスにはどんな種類があるの?

バイオマスは、廃棄物系バイオマス、未利用バイオマス、資源作物の3つに分類されます。

  • ’儡物系バイオマス

    畜産資源(家畜排せつ物など)、食品資源(食品廃棄物、生ごみなど)、産業資源(パルプ工場廃液など)林産資源(建築廃材など)、下水汚泥

  • ¬ね用バイオマス

    農産資源(稲わら、麦わら、もみがらなど)、林産資源(林地残材など)

  • 資源作物

    糖質資源(さとうきびなど)、でんぷん資源(米、いも類、とうもろこしなど)、油脂資源(なたね、大豆など)

バイオマスの利活用は?

バイオマスの利活用では、大きく分けてマテリアル利用とエネルギー利用の2つに分類されます。

  • .泪謄螢▲詬用(原材料として利用する)

    飼料化、肥料化(堆肥化)、バイオマスプラスティックなど

  • ▲┘優襯ー利用(エネルギー源として利用する)

    木質固形燃料、メタンガス、バイオディーゼル燃料(BDF)、バイオエタノールなど

よく見かけるようになったバイオマス配合のゴミ袋やレジ袋は、マテリアル利用のバイオマスプラスチックを原料としているんですね。

バイオマスプラスチックとは

再生可能な有機資源由来の物質を原料としたプラスチックのことです。枯渇が懸念される石油と比べ、植物などの有機資源から持続的に作ることが可能です。
バイオマス配合のゴミ袋やレジ袋を製造する際には、廃糖蜜(サトウキビから砂糖を取ったあとに残る糖蜜)から作ったバイオマスプラスチックを使用しているのを多く見かけますね。

バイオマスプラスチックとは

バイオマスプラスチックの特徴

≪石油資源の節約≫
これまでに石油資源を使用していたポリエチレンを植物由来のポリエチレンに代替することにより、限りある石油資源を節約することができます。
また、エチレンからポリエチレンへ重合する工程が変わらないため、従来の石油由来のポリエチレン袋と同等品質の製品が製造可能になります。

石油資源の節約

≪CO₂排出量の削減≫
植物や植物を原料とするバイオエタノールなどを焼却する際に出るCO₂は、植物が成長過程に吸収したCO₂と同量となり、結果的に大気中のCO₂増減に影響を与えないと考えられます。
このようにCO₂の放出と吸収が相殺されている状態を『カーボンニュートラル』といいます。
バイオマスポリエチレンを含んだ製品を使用することで、CO₂排出量の削減に役立てることができます。

CO2排出の削減に

食糧との競合はしないの?

ゴミ袋やレジ袋の製造に使用されるバイオマスプラスチックは、主にサトウキビの搾汁から砂糖を精製した際の残液(廃糖蜜)を発酵して作られるため、 食糧としての砂糖の生産量に影響が出ず、競合が発生しにくいと考えられます。

バイオマスプラスチックと生分解性プラスチックはどこが違うの?

バイオマスプラスチックは再生可能な有機資源由来の物質を原料としたプラスチックのことで、石油資源の節約やCO₂排出量の削減を特徴としています。
生分解性プラスチックは自然界に生息する微生物の働きによって分解し、最終的には水や二酸化炭素などに変わるプラスチックのことで、 廃棄物処理問題の解決につながると期待されています。
必ずしも両者が合致するものではありませんが、「バイオマスプラスチック」と「生分解性プラスチック」を総称してバイオプラスチックと呼び 環境に調和した循環型社会の実現に重要な役割を果たす素材として高い関心を集めています。



いかがでしょうかでしょうか?様々な場所で使用されているバイオマス!どんどん身近な存在になりそうですね。